2016-11-26 0a636cc85f869d8c195a0445020736cd_l

注意事項はしっかりと守りましょう!

神奈川県から車での3泊4日の旅行でしたが、数年前の事となりますが、かなりの長距離なので事前にナビは車についているものの、どこで休憩するかなど細かくスケジュールをたてての旅でした。
しかしながら、ちょうど新東名高速道路が開通したばかりの頃で、テレビではあちらこちらでフードコートの宣伝やお土産などを紹介しているのが目に焼きついており、
道路も広くきれいな上にサービスエリアの建物が非常にしゃれているので、ついつい立ち寄ってしまいました。
夜の18:00位に出発して朝方に和歌山に到着して温泉に入る予定だったのですが、休憩が多すぎて全然先に進みませんでした。
家族旅行でしたので、主人と私が交代で運転していたのですが、主人が運転している間の夜中はついつい私がウトウトとしてしまい、気が付いてみると大阪に入っていたのですが、しばらくすると、「ピーン兵庫県に入りました」とナビの音声が聞こえたと思ったら、ちょっとすると又「ピーン大阪府に入りました」と音声で、ねぼけまなこで一体どこを走っているのか自分の予定表を見てみると、どうも我が家のナビは古いので新しく出来た高速道路には説明がない為に、いきあたりばったりの主人はナビと看板を頼りに違う未知を行ったり来たりしているようでした。
一度、停車して地図を確認して何とか和歌山県に到着しました。

5e827a4a6f1b27c1089a934252cc74d7_m
白浜では娘と私がイルカに乗る予約をしていたのですが、あいにくの小雨状態で待ち時間に何とか晴れないだろうかと祈るばかりだったのですが、
主人がお祈りしてやると言って晴れろ!晴れろ!とどこかの儀式ぽくまじない風にしばらく唱えていたら、本当に薄日が差してきて家族が大笑いで、以後主人の雨の日の晴れ踊りと名付けイベントがある毎にお願いしていますが、効果絶大でもしかしたら、何か持っているのかしら?と思える位です。
イルカは賢くて私たちと一緒にスタッフの指導に従い、ヒレにつかまったりして泳いだりして楽しかったのですが、可愛い目だと思っていたイルカって本当は目がけっこう鋭くて、イメージとしては何かギャングみたいと思いました。
那智勝浦の海岸ではバナナボートという水上バイクがバナナの形をしたゴムボートで沖まで行き思い切りカーブするので、まず殆どの方が海に振り落とされます。
当然救命具はつけて4人乗りでしたので、家族全員で乗る予約をしました。
説明は貴重品は全て置いていって下さい、海に落ちてもこちらも保証は出来ませんとの事で、私たちは荷物は置いて乗ったのですが、前のグループの方は若いお兄さんとお姉さんのカップル同志でどうしても写メりたかったのか、携帯電話を持っての参加でしたが、見事振り落とされ多分携帯は海の中へドボンだったと思います。
やはり注意事項は守らないと同情もできませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です