2016-09-16 cd9fab639e52d8bd6821b042f1285444_l

子どもの時と大人になってからは見えるものが違ったよ!

小学6年生の時と大人になってからと2回行きました。小学生の時は修学旅行として、大人になってからは会社の社員旅行としていきました。小学校の時は鳥羽水族館と志摩スペイン村パルケエスパーニャにいきました。鳥羽水族館に行く前にバス移動だったのですが、バスに酔ってしまい、降りた時にはふらふらでした。もう吐きそう、限界!となった時に先生が「これを試してごらん」と手首になにがシュッシュッとふりかけました。すると突如酔いがさめて楽になってきました!

小さな透明のボトルに入っていたのですが、一体何をふりかけられてか未だにわかりません。でも驚くほど気分が楽になったのを覚えています。水族館は広くて皆と色んな海の生物を見て楽しかったです。これも先生がふりかけてくれたなぞの液体のおかげで元気がでました。その次の日にスペイン村に遊びに行きました。街並みが異国情緒にあふれていて、非日常感がたまらなく楽しかったです。

名物のジェットコースター、ピレネーには身長制限と学校からの指示で全員乗ることはできませんでした。ジェットコースター乗れない子無理矢理乗せられるのを防ぐためだったと思います。私も絶叫系の乗り物が駄目だったので助かりました…。スペインの民族衣装を着た人たちと記念撮影できたのはいい思い出です。大人になってからの社員旅行は厳しい上司とだったため、はしゃいだりはできませんでしたが楽しめたと思います。鳥羽駅の中にある「大家族」(だったはず…)という食堂に連れて行っていただきました。その店名の如く、店主が子だくさんで、娘さんも手伝っていました。店主のお母さんが海女さんで、出てくる海鮮は朝に取ってきたものを使用していたので食べたことのないおいしさでした。その後、鳥羽水族館でゆったり魚を見て楽しみました。クリオネが可愛かった。泊まったのは会員制リゾート地のエクシブで、敷地内を専用のバスで移動する豪華さでした。温泉にもゆったりつかり、二十歳になりたての私には十分な贅沢をさせていただきました。ただ、先輩が備え付けのシャンプーを使ったら次の日肌が荒れていたのを見て「絶対に家から持って来よう」と心に誓いました。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です