2016-06-21 0617071e35e19850a995feb1df95655c_l

イタリアのひょうきんなおじ様たち

私が23歳の誕生日にご褒美として企画したイタリア旅行のお話です。
高校卒業後、5年間仕事を頑張ってきた自分にお疲れの意味もこめて、自身で海外旅行を企画してみました。
始めはヨーロッパの中欧へ行ってみたいと下調べをしてみましたが、思いのほか目ぼしい観光地は見つからず断念。
せっかく旅行に行くのであれば、観光地らしい場所を巡りたいと思っていた矢先目についたのがイタリアでした。
ちょうどパレードの時期であったため、格安航空券でも12万円(燃料サーチャージ代も込み)という金額で驚いたものの、一度行くと決めたからには実行しないわけがありません。
そこで、ホテル代だけでも浮かせようとインターネットを駆使して、格安ホテルを探しますが二ツ星ホテルは安くても9,000円~といったところでしょうか。
仕方なく一つ星ホテルで5,000円~6,000円の宿泊施設を予約し夢のイタリア旅行へ出発です。
成田空港→スイスを経由→イタリア(ヴェネチア)に到着。
夜9時をまわっていたため、空港内は静かで想像していた以上に活気がありません(汗)。

1a3408923cae402ca4f9ce9d9affad48_m

荷物を受け取り、入国審査に向かうと怖そうなおじさんが席に座っていました。
ドキドキしながら彼にパスポートを渡すと怪訝そうな顔は一転し、急に笑顔で話しかけられました。
イタリア訛りの英語で聞き取りづらく、何度となく首をかしげていると最後だけ聞き取ることができ私は笑いを漏らしてしまいました。
「私は日本が大好きです?どうぞイタリアを楽しんで下さい!」
「・・・ありがとう(苦笑)」
それからホテルへ向かうため空港を出ると、タクシーがずらりと並びタクシーの運転手が客引きをしています。
ここでも強面のおじさまたちばかりで、少しひいてしまう私ですが声をかけてみると以外にソフトな感じでタクシーに乗せてくれました。
そして空港から10分程でホテルに着き、タクシー代+チップ代を渡すと「チップはいらないよ(笑)」と爽やかな笑顔で返されてしまいました。
とにかくイタリア旅行で感じたことは ”おじ様がひょうきんで優しい” というポジティブな印象が強かったです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です